KWC 活動の成果

 管理計画の策定


 蕪栗沼遊水地の整備に伴い、平成9年から開催された蕪栗沼遊水地懇談会に参加し、宮城県の「蕪栗沼遊水地環境管理基本計画」の策定に協力しました。治水と自然環境の両立という、現在では当然となった概念をいち早く取り入れました。

 食害補償条例の制定


 旧田尻町で、平成11年に制定された蕪栗沼に飛来するガンカモ類による食害を補償する条例の成立に協力し、渡り鳥と農業の共生と、自然に配慮したまちづくりの基礎をつくりました。

 湿地の復元


 遊水地の整備に伴い、耕作を終了した白鳥地区の湿地を復元するための管理を行いました。その結果、貴重な動植物が復活したほか、平成10年からはマガンのねぐらとして利用されるようになり、一極集中が問題となっていた伊豆沼・内沼のマガンの分散に成功しました。

 環境教育の実践


 水辺の生き物や渡り鳥を活用した環境教育を、周辺の小中学校で実践し、総合学習やふるさと教育に貢献しました。またラムサール条約や渡り鳥の保全が地域に定着し、自然と調和したまちづくりを進める土台を築きました。

 ラムサール条約の登録


 平成14年に、沼だけでなく周辺水田を含めたラムサール条約登録を提案し、平成17年、世界で初めて水田の名前が付いたラムサール条約湿地をつくることに成功しました。水田が、農作物を収穫するだけでなく動植物の重要な生息地になっていることを世界に示し、農業イコール自然破壊という欧米的な考えを変化させるきっかけをつくりました。

 蕪栗沼の陸地化防止


 上流からの土砂流入を防止する砂だまりの整備、旧河道の復元、ヨシ刈り・野火による堆積物の除去などを、宮城県や大崎市に協力して行い、消滅しかけていた沼本体の水面を回復することに成功しました。また地域と連携し、クリーン作戦を実施し、長年河川から流れこんだり不法投棄されていたゴミを除去しました。

 河川クリーンアップ


 宮城県に協力し、遊水地の管理道や堤防法面の除草、動植物の調査、水質調査と改善、ポイ捨てゴミの回収など、管理業務を行っています。